骨を撒く

寺

死生観は個人の人生経験によって大きく異なりますが、必ず誰もが最期の時を迎えます。死生観の多様化に伴い、葬儀や墓に対する考え方も個人によって大きく異なります。最近では墓を持つことを避ける人も出ており、散骨を望む人も多くなっています。自然の中に戻してほしいと言う想いで散骨を希望する人や、一番好きな場所に散骨してもらいたいなど理由は様々です。しかし、死後の自分の体について生前から考える人が増えていることは事実です。長寿大国である日本は、子育てや退職してから最期の時を迎えるまでの時間が長くなっていることもあり死生観について深く考える人が増えています。自分のことはすべて自分で行いたいと願う人も大勢いるので、死後であったとしても自分で責任を取りたいと願う人が増えています。

散骨をした方の遺族の間で浮き彫りになってきた問題が、墓がないのでどこに向かって手を合わせれば良いのかと悩んでいることです。故人の希望と残された家族の思いがミスマッチしているという現実がわかってきました。海に散骨を希望する方もいますが、散骨を行った場所まで毎年船をチャーターして供養に行くのは経済的、体力的にそして時間的にも厳しいという意見も上がってきています。大切に思うからこそ、このようなジレンマに陥っているのですが、家族の本当の胸の内は最近になって世間に知られるようになりました。残された家族の気持ちなども考慮して、自分らしい最期を迎える準備が必要なのかもしれません。大切に思い思われているからこそ、じっくりと話し合う必要があります。